水を飲まないネコに水を飲んでもらうための工夫

ネコの健康と水分補給は密接な関係にあります。でも、なかなか水を飲んでくれなくて困ることも多いです。どうしたらネコが水を飲んでくれるのか?飼い主ができる工夫やどんな水入れが好評なのか、水を飲まないとどんな病気になるのかなどネコと水についてまとめています。

ネコが水を飲まない!どうして?普通はどれぐらい飲んでるの?

ネコと暮らし始めて、まずびっくりしたのが あまり水を飲まないということでした。
いつでも水が飲めるように水飲み用容器に水をいつもいれていましたが
あまり減らない…。

数日様子を見ていましたが、やっぱりあまり水を飲んでいなくてさすがに心配になりました。
そこで、猫と水について調べてみました。
同じようにネコがあまり水を飲まなくて心配している方や悩んでいる方が参考にしてもらえるようにまとめてみました!

 

f:id:sleepytake:20160602184400j:plain

ネコが1日に飲む水の量はどれぐらい?

ネコの祖先はアフリカの乾いた砂漠で住んでいるリビアヤマネコです。
砂漠で暮らしていたことからネコの身体は乾燥している環境に適応するために進化をし、
水分を無駄なく利用できる仕組みになりました。

 

簡単に説明すると、おしっこが作られる腎臓では体内の水分をおしっこを濃縮したり、水分を再利用するという特別な機能を持っています。


お陰でネコはあまり水分をとらない動物になっています。

でも、この腎臓の機能は、猫の腎臓にとって大きな負担をかけるものでもあります。

ネコの腎臓に負担をかけないためには、水分を多くとる必要があります


ネコが1日に飲む水の量は一般的にはネコの体重1kgに対して水は20~45mlになります。
目安として最低でも150㏄程度と言われています。
もちろん、最低ラインの水分なので、飲んでもらえるならもっと飲ませても良いようです。


あまり水を飲まないネコのことで悩んでいると、その水の量は多くて無理と思いがちですが、
1日のトータルの水分量なので、水だけを飲ませる量という事ではないそうです。
フードに含まれる水分量もプラスした水分量という事なので、摂取できない水分量ではないと思います。

 

ネコが水を飲まないと病気の原因になる?

ネコは祖先や腎臓の機能のおかげであまり水を飲まなくてもいい身体なのですが、
やっぱり水分量が少ないと腎臓などに負担がかかるようです。


ネコがあまり水を飲まないとやっぱり病気になってしまうのでしょうか?

答えはなります!です。


ネコは腎臓でおしっこを濃縮する機能があります。
少しの水で濃いおしっこを出すのですが、
あまり水を飲まないとますますおしっこが濃くなってしまい、
泌尿器系の病気にかかりやすくなる原因になります。


おしっこが濃くなってしまうことで、尿石ができ、尿道につまり、おしっこが出なくなり
膀胱炎・尿毒症を引き起こしてしまう原因になったりします。

 

特にオス猫は尿道がメスと比べ尿道が短いので尿石のリスクが高くなるようです。

 

水を飲む量が少なくと腎臓に負担をかけ、腎不全などの腎臓の病気の引き金になる可能性もあるようです。

 

まとめ


この様にねこがあまり水を飲まないと病気になるリスクが高くなってしまうようです。


ネコの健康を守って、長生きしてもらうためには、
できるだけ飼い主側も頑張ってどうにかネコに水を飲んでもらう必要があるようです。